少人数で行う家族葬|葬儀のトレンドを把握しよう

葬儀

お墓を買う場合の注意点

お墓

神奈川で霊園を探す場合、墓地の種類や広さなどを、事前に調べて、予算にあわせて選ぶことが大切です。墓参りがしやすいように、交通の便のいい場所を選ぶ工夫をしたり、環境のいい場所を選ぶ工夫をするなど、立地条件も重要になります。

Read More

プロに依頼してみませんか

作業者

大切な身内が亡くなってしまった場合、悲しんでいる時間もなく遺品整理をしなければなりません。東京のプロの遺品整理業者に頼む事で、ゴミとして処理するもの、遺品として残しておくものなど迅速に確実に仕分けしてくれます。また貴重品や必要な書類などもみつけだしてくれます。ぜひ依頼してみてはいかがでしょうか。

Read More

先祖を供養するために

シニア

仏壇を買うときには商品ラインナップが豊富な専門店を利用するケースが多く、マンション住まいの場合には30万円以内の商品を買うケースが中心です。実店舗やネット通販を必要に応じて使い分けることで、価格や品質にこだわりながら最適な商品を選べるでしょう。

Read More

自宅で家族葬をする

ロウソク

新しい見送り方

家族や特別親しい仲だった人など、ごく限られた少数の人のみで行う葬儀を家族葬と言います。大掛かりな葬儀特有の煩わしさもなく、費用も大幅に抑えることができますから、現在ではこちらのやり方が主流です。家族葬の会場は、セレモニーホールのほかに自宅を選ぶこともできます。自宅で行う場合は特に自宅葬と呼ばれます。自分達だけで準備をするか、葬儀社に手配するかになります。家族葬などのプランの中に含まれていることも多いですし、事前に相談をしておくといいでしょう。自分達で葬儀の準備をするには、二回の遺体の搬送から火葬場の予約、遺体を安置するためのドライアイスの用意などをすべて行うことになりますが、費用は通常の葬儀の時より安く済みます。

自宅葬ならではの利点

長所としては、本人たちのやり方次第ではかなり葬儀を抑えることが可能なことと、故人との別れの時間を大切にすることができることなどです。葬儀会場に使用されるセレモニーホールは、非日常的な空間ですし、それだけで緊張してしまい、納得のいく気持ちの整理ができなかったということもあり得ます。それに、滞在することができる時間にも限りがあります。しかし、故人の自宅で会った場所なら時間のことを気にする必要はなくなります。遺族の方でも、家で行う方が参列客に対しても、あまり気を使わないで済むと感じる人も多いです。他にも、本人が自宅で最後に見送ってほしいと、遺言で自宅葬を指定するというケースも少なくないと言われています。